賃貸と持ち家

こんにちは。たけだこうむてん 竹田敏夫です。

最近の話ですが、建築業も仕事の減少で他社とお客様の取り合い状態。
家を建てるお客様も15年20年前は、60代~50代の方が多かったけど
最近は、40代~30代へと若年層になって来たみたいですね。
わたしの会社も、実は若い人が多いですね。なぜなんだろうと思いますね。
アパート生活の人に話を聞くと、家賃が高いと言います。
月々55000円~65000円が多いそうです。新しいアパートの様ですが。

住宅を新築するとしたら1500万円の借入で35年のローンを組み
月々45000円程度の支払いです。月々のローンだけ考えると安いと思うけど、
税金の支払いだの、10年位経過すると、やれ屋根の塗装だの外壁の塗装だの
と持ち家は損するのでは?という人がいます。そこで・・・だけども!
という話ですが、費用対効果の話を申しますと――――

たとえば30坪くらいの住宅で4LDK、25坪くらいで3LDKの間取りが出来、
25坪~30坪くらいの価格だと、1000万~1300万円くらいになり、月々3~40000円かな。

ローン40000円と家賃56000円の差額16000円x12カ月 192000円
192000円 -(住宅の固定資産税)約100000円=92000円

92000円x10年=920000円 
10年後の屋根・外壁の改修費/塗装費で約650000円程度

家賃払いよりお得になります。

また、ローン借入金額の1/100の住宅控除最大6年間延長コースなど
いろいろありますが、特に贅沢な住宅でなければ家を建てた方が
良いということになりますね。都会の土地の高い所に行くとまた別の話に
なりますけど、いずれにしても他人に何十年も支払いをしても、
自分の財産にはなりませんよね?

賃貸に住む場合、
家賃月々60000円x12カ月x35年 合計2520万 こりゃすごいぞ!
プラス管理費用、駐車代、退去時の修繕費等、結構な金額です。

持ち家の場合、
土地も家も含めて1500万円借りて35年の計算だと
月々45000円x12カ月x35年 合計1890万円
10年毎に塗装 650000円x2回=130万円
税金 年10万円x35年=350万円
ローン1890万円+塗装費130万+税金350万=総額2370万円

そして住宅控除のマイナス、住宅が古くなれば固定資産税の見直し等で
だんだん安くなりますので、2370万円よりマイナスになりますよね。

持ち家の人はローンが終われば一安心ですが、賃貸の人は一生家賃を
払わなければなりません。どちらにしても生きているうちは賃貸でも
持ち屋でも住むということはお金がかかるということになりますが、
どうでしょう?ここまでのお話を読んでもらっても
あなたは賃貸住宅に住み続けますか??

建築家の勝手な話と思うけど、費用対効果の考え方ですね。
自分の家を持つことは、全ての支払いを考え癒しの場所、
家族のいる場所、他人に気を遣わなくてもいい場所を作れることです。

そんな考えをお持ちの方は、まず人生にどんなお金の支払い方をするか、
これをきっかけに一度ゆっくり考えてみてはどうでしょうか。

(※転勤族のようなお客様ならまたちょっと考え方は違いますけどね。)

ローンのこと、支払いに関すること、ちょっと聞いてみたいなと思ったら
気軽にお問い合わせしてみてくださいね。

では、また。

※※上記に出てくる計算式等は、あくまで概算です。※※